2017年11月 / 10月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫12月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2009.06.20 (Sat)

言葉のちから

私は「言葉」に強く惹かれる傾向があるようです。
そしてその「言葉のちから」を借りて
自分の想いを表現していきたい、
そういう生き方をしたいと、
ますますそう感じるようになった今日この頃。

ひとつ、詩を紹介します。

『 尊いのは
  頭でなく
  手でなく 
  足の裏である

  一生人に知られず
  一生きたないところと接し
  黙々として
  その勤めを果たしてゆく

  足の裏が教えるもの

  しんみんよ
  足の裏的なしごとをし
  足の裏的な人間になれ

  頭から光が出る まだまだだめ
  額から光が出る まだまだいかん
  足の裏から光が出る

  そのような方こそ
  本当に偉い人である 』  (坂村真民さん)


この詩もそうやし。
昔、宮沢賢治さんの「雨ニモマケズ」を
読んだときの衝撃は、今でも忘れない。

「どんだけカッコエエんかい」と。

同時に、なんか凄すぎるけど、
自分にはそんな生き方
ちょっとできんなぁ~と。

もっとオモロく、笑いいっぱいの
楽しすぎる人生を送りたいわぁと。

笑いが溢れるオモロい人生を送れる人が
どんどん伝染していけば単純に楽しいやん。
とう感じで。

今もそう考えてます。

でも、あと50年経って
80歳のおじいちゃんくらいになったとき、
「詩」にあるような感覚をもって人生を送れてたら、
それはやっぱり、幸せやと思います。


独り言のついでに
全然関係ない追伸:

今日の午前中、ママは病院なので。
子守り中のパパですが。
「ハルちゃん、ヒロちゃん、トウゴちゃん、
30分だけパパに時間をちょーだい!」

集中して「原稿」をひとつ終わらせるから。

「頼まれごとは試されごと」

締切って嫌やけど、締切がないと
いつまで経ってもなかなかね・・・。

働きながら大学で勉強してた時
本当に大変やったのを思い出す。
子どもを寝かせつけたあと、
夜10時くらいから、ようやくレポートや
卒論に取りかかって
深夜に提出してました。

いつも、「大変」という言葉を
なるべく使わんようにしてるけど、
この時はほんと余裕がなかったから、つい。

19歳のとき、
ボクシングの先生に言われた言葉を
今でも守っています。

『簡単に「大変」という言葉を使うな。』

『なんでも元気よく「はい」と言え。』

『社会人1年目に「はい」以外の選択肢はない。』 と。

あっという間に社会人8年目ですが、
気持ちは今でも変わってません。  

(ていうか、こんな長い日記が誰が読むん?
 って感じですね、はい
12:18  |  先達の教え  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑

*Comment

■No title

はい、読みました(・∀・)/
私もね~、大変とか忙しいとかできるだけ言わんようにしてるし
見た目にもそう思われんように気を付けているんやけど。

今日はそこを全否定されるような言葉を浴びて、腹が立って収まりがつきませんi-238
山村君はそんなときどうするんやろ??
emi |  2009.06.21(日) 00:14 |  URL |  【コメント編集】

■Re: No title

> emiさん
こっちのコメントには何も返事してなかったけど、
あの直後、mixiでお話したとおりです。
よろしく!
ゆうすけ |  2009.06.27(土) 08:26 |  URL |  【コメント編集】

コメントを投稿する

URL
COMMENT
PASS  編集・削除するのに必要
SECRET  管理者だけにコメントを表示  (非公開コメント投稿可能)
 

▲PageTop

*Trackback

この記事のトラックバックURL

→http://yamamurayusuke.blog37.fc2.com/tb.php/77-8fc9fa38

この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

この記事へのトラックバック

▲PageTop

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。