2010年05月 / 04月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫06月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:--  |  スポンサー広告  |  編集  |  Top↑

2010.05.29 (Sat)

昨日の自分を常に乗り越え

昨日は怒涛の1日をなんとか頭痛悪化させず乗り越えれましたが
夜はバタンキューでした(苦笑)

さて、ひとつだけ仕事のことを。

社会保険厚生病院にて、肝臓病の患者さん対象に講演をさせていただきました。


脂肪肝だけなら簡単ですが
C型肝炎、慢性肝炎・・・(詳細は省きますが)治療中の患者さんも多く
症状もさまざま、車椅子の方もいれば、衰弱が強い方もいらっしゃり
それぞれ「運動」が危険の場合も必要な場合もあるので

ポイントを絞って、肝臓病の運動療法について
なるべくわかりやすくお話をさせていただきました。
220525菫晄耳_convert_20100529100215

患者さんにはご満足いただいたようで
帰り際にもたくさんご質問をいただきました。


これまでは、病院の(偉い)先生ばかりが講師だったようですが
今回だけ初めて外部講師を招いたということでした。
(栄養治療科長さんの推薦)

副院長や白衣の先生方が後ろにずら~と並んで聴いてくださりましたが
(普段は白衣を見るだけで緊張?しますが・笑)
特に緊張せず、
「患者さんに届けるんだ」という気持ちに集中できたように思います。

副院長先生をはじめ、色々とご評価いただき、
少し安心しました。


私と違って、先生方はすごく優秀な方ばかりで・・・
ほんと、心から尊敬しています。

ただ、「患者さんのために」という想いで活動していることに関しては
同じ人間だと思っています。(語弊がないといいですが)

(私を見た先生方はあまりの若さに驚かれていました・苦笑)


ご縁や機会をいただいたら、
とにかく今出来る「想いのベストパフォーマンス」を目指して
「昨日の自分を常に乗り越える」気持ちでやっています。

それをやめた時点で、満足した時点で、
成長がストップすると思うから。

そのことを「がんばってる」という認識はもう一切なく、
それが自然で「当たり前」のこと。


常に、「当たり前の基準のリニューアル」を続けないと・・・
もっと心地よい空気を届けれる人間にはなれない、
と思っています・・・。



明日も仕事なので
今日はリフレッシュ♪ 子どもたちと遊ぶぞ~☆


追伸:トライアングル6月号届きました♪

今回は、健康ダイエット術③
~太りにくい体質づくり「運動編」~  です。

今回の写真はなかなかウケますよ(笑)

男4人でスクワット(笑) トウゴちゃんもオシリが・・・(笑)



トウゴちゃん☆




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1日1回、ポチッと押していただけると嬉しいです♪

いつもありがとうございます
スポンサーサイト
09:23  |  講演  |  トラックバック(0)  |  コメント(4)  |  編集  |  Top↑

2010.05.28 (Fri)

後ろ姿を見ながら

毎朝、ハルキが小学校へ通うのを見送っています。
昨日は200mくらい先の坂道の頂上まで、こっそり見届けました。

いつの間にか小学校にも慣れ、友だちもたくさんでき、
学校の準備も、宿題も、色んなことで、どんどん自立してきました。

坂道を一人で歩いていく姿がどんどん遠くに離れていき、
小さくなっていく後ろ姿を見ながら

あっいう間に
「今」の貴重な時間は過ぎていくんやろうな・・・ と感じました。



小さな悩み、問題、課題はたくさんあるし
やるべきことは山積みで・・・ 仕事にキリがないのも事実。

だけど、

子どもたちの「今」の奇跡のような歳月は
もう二度と訪れないんやということを意識して、

もっともっと、
子どもたちとの時間(質)を大切にと思っています。


例えば、
何千万の借金をしても、お金を取り返すことはできるけど、

子どもたちとのかけがえのない時間は、後悔しても、どう頑張っても、
二度と取り返すことができないんやから・・・。


子どもたちの
陽気な面、素直さ、ポジティブで前向きなとこ、
元気いっぱい、想像力に富んでるところ、
無我夢中にその瞬間に没頭できる力・・・

たくさんの本当に大切な感覚を
子どもたちから学び、吸収し、

大人だからこそできる社会への貢献をしっかりと。

それを義務感でなくて
めっちゃ心から楽しんで!

と、考えています。




追伸:ヒロちゃんとトウゴちゃんは、毎日奪い合いのケンカです(笑)

トウゴがヒロちゃんのホッペをつねって、
ヒロちゃんがトウゴの胸をグーでパンチ!

今度はトウゴはヒロちゃんの胸をグーで殴って・・・(笑)

キレたヒロちゃんはどう仕返しするか見ていたら
いきなり、トウゴに向かって勢いよく

ヒロト「ウンチっっ!!」と言い放ちました(大笑)

続けて、「トウゴうんこっっ!!」(笑)

結局トウゴが奪い取り・・・

トウゴちゃん、プロレスラーに転身(笑)


そして、ユキちゃんの細い腕を枕にして(汗)
無理やり腕枕してもらってます(笑)

相変わらず・・・ ベロンっておなかが出てますけど(笑)


本当は「砂遊び」に夢中、熱中の優しいトウゴちゃんなんですけど♪



追伸2:新聞に載ってたようです。

そういえば、恥ずかしい裏話が(笑)

↑コレ。妻の車の鍵です。

「はらぺこあおむし」の人形と、
「アフラック」の人形が付いてます。

で、このアフラックの人形(頂き物)に触れると、音が出るのですが・・・。


一昨日も役職のある方々(偉い方)がいらっしゃる前で、
このアフラック人形が・・・

「ネコとアヒルが力を合わせて、みんなのしあわせを~♪♪
 招き猫ダァ~ック♪」

と音楽が流れてしまいましたっ(笑)


追伸3:
昨日ある場所で。
特定高齢者や要支援の方々とお会いしました。

「涙が出るほど楽しみにしています」
「一ヶ月心待ちにしていました」・・・などの言葉に、

とても勇気をいただきます。


また、以前、転倒し関節を痛めていた方がすごく元気になっていました。

話を聞くと、

「この前、(下関駅周辺から)長府まで友だちと歩いていったんです!
 私が一番年上で。2時間半かかったけど。

 不安だったので、ダメなら途中でバスに乗るつもりで。

 結局、アサリは採れんかったけど、ワカメとかニナ(貝)を採って、
 (休憩しながら)帰りも3時間かけて歩きました!

 初めて、すごく自分に自信が持てました!

 先生の言われる運動を毎日して、ほんとに良かったと思ってます!」



他にも、色々と変化があった方がいらっしゃいましたが、
どなたもすごく元気でした♪


1人ずつ、2人ずつでも
そういう人が増えていくのはとても嬉しいこと。

だからこそ、
もっとその方々からいただいた元気を活かして
私自身の元気の「器」をもっと広げていかないと・・・
と感じています。


頭痛に負けてる場合ではありませんが
今日1日もってくれれば・・・(汗)

講演や教室、打合せ、会議が夜まで詰まってます。
どれも大事なもの。

あらためて「今日」と「身体」に感謝をこめて
一日を過ごしたいと思います。


皆さんにとっても
すてきな一日でありますように。







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1日1回、ポチッと押していただけると嬉しいです♪

いつもありがとうございます





06:05  |  メディア  |  トラックバック(0)  |  コメント(5)  |  編集  |  Top↑

2010.05.26 (Wed)

小さなことをするだけ

下関市保健推進委員協議会総会・研修会で講演をさせていただきました。

人数が多いというのは聞いていましたが。
スタッフの方も2、3名くらいだろうな~とか
気楽な気持ちで。

しかも、何度も行ったことのあるシーモールの中で
迷子?になり、迷ったあげく会場に着きました(苦笑)

220525菫晄耳+036_convert_20100526084836

そしたら、なんかすごい会場の雰囲気で。

来賓控室に招かれると、
部長さんや課長さんをはじめ、たくさんのスタッフの方が
待っておられました(汗)

協議会会長さんもご丁寧に挨拶に来られ・・・。


ちょっと心の準備ができてませんでしたが(汗)

でもまぁ、
相手が1人でも2人でも、10人でも30人でも、
どんな状況、対象者であれ、
「1万人のコンサート」のつもりで毎日現場に立っているので

いつも通りやろうと。

「裸になって、素直に、思ったもの、感じたもの、
 届けたい想いをそのまま贈ろう。」と。
220525菫晄耳+022_convert_20100526085127

改善点や次回へ活かせる気づきもいくつかありましたが・・・。

220525菫晄耳+023_convert_20100526085237

でも、会場の460名の方がたくさん笑ってくださり、
楽しい時間を過ごしてくださり、
ともに「豊かな時間」を分かち合えたことが、
とても嬉しかったです・・・。


「反響がすごいですよ!!」とか
「皆さん喜んでますよ!」などなど・・・言ってくださり、

何でもいいから、少しでもいいから、
お役に立てたことが凄く嬉しい。

そして、誰もがその「役に立ちたい」という気持ちがあるはずなので、

「私が私が・・・」ではなくて

すべての人のその気持ちを
認め合える、活かしあえる地域を・・・

と思います。



話は変わりますが
ある旅館のゴミ箱にこんな張り紙があったそうです。

「燃えるゴミと、過去の成功体験はこちらへ」


さて、今日も「現場」に立ちます。

明日になれば「今日」という特別な時間には
もう二度と出会いないから。

だから、モリモリ生きます♪

ちゃんと心を届けれるように・・・。


「わたしたちは偉大なことはできません。
 偉大な愛で小さなことをするだけです。」 (マザーテレサ)







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1日1回、ポチッと押していただけると嬉しいです♪

いつもありがとうございます
08:06  |  講演  |  トラックバック(0)  |  コメント(0)  |  編集  |  Top↑

2010.05.24 (Mon)

両親が遺してくれたもの

昨日の話の続きを少し。


「骨董屋の弟子を育てる一番の方法は、
 いい品だけをひたすら見せ続けること。
 
 これが本物、これが偽物だと教えても審美眼は育たない。」


という話のように
「本物だけに触れ続けることで目が肥える」
というのは音楽や芸術の世界でもよくあることだと思います。


飲む水や食べるもの(天然物、自然物)にこだわりがあった父。

食品添加物、抗生物質、薬品・・・など使わず
とにかく「自然のもの」「手作り」にこだわり徹底した母。


幼少の頃、
服やランドセルはおさがり(どなたかから頂いてきたもの)

アニメキャラクターの靴やカバン、
ガムや飴などのお菓子も、
自転車も、学習机も・・・

何一つ買ってもらったことはありません。


「質素倹約」

「自分の家はどんだけ貧乏なんやろう・・・」と。(苦笑)
「貧乏」という意識がすごくありました。
だから、いろいろと我慢できたこともあると思いますが・・・。


でも、親は
限られた大切なお金を、そういった
値段が高くても体に良い食べ物(塩・醤油・砂糖など調味料も市販の数倍の値段)や、
とにかく毎日のように来れられる「お客様へのおもてなし」に
使っていました。


2歳過ぎには包丁(料理の)を持たせて練習を・・・

1歳10ヶ月から山登りを(崖からすべり落ちたことも)・・・


また、
私が5歳の時「朝の連続テレビ小説」の中で
主人公がヴァイオリンを弾いていたのを見て
「ボクもやってみたい」と言ったようで、

そしたら
高額な月謝にもかかわらずお金を工面し、
ヴァイオリンを習わせてくれました。

(当時の私はそんな親の想いのかけらもわからず・・・
 真面目に練習もせず、
 田んぼのカエルを捕まえることに一生懸命で(笑)
 泥だらけの汚れた手でヴァイオリンを弾こうとして
 先生に怒られていました・・・苦笑)


9歳の時、
大阪の釜ヶ崎(あいりん地区)のホームレスへの炊き出し・・・

小学5年生の時、
最貧国バングラディシュへの旅に・・・

韓国も、モンゴルも・・・


話せばキリがないほど色んなエピソードがありますが・・・

いずれにせよ、

今思えば、
両親はいつも「本物」に触れさせてくれていました・・・。

(私が親となった今、わが子に対して、
 子どもにできていないことばかりです・・・)


私自身はまだ短い人生しか生きていないかもしれませんが
密度の濃い、
本当にたくさんの色んな「人との出会い」を体験させてもらいました・・・。


福岡で一人暮らしをした時も仕送りは一切ありませんでした。
当然、勉強しながらバイトを掛け持ちし・・・。
奨学金は今も返し続けています。


両親の「お金の価値観」は、一般的に考えると、
貯金も全くなく、賢いお金の使い方ではないかもしれませんが

少なくとも私にとっては

お金では買えない
“感性”という大きな大きなギフトを遺してくれました・・・。



私が11歳の時、親にこんなことを言ったそうです。
(当時の年賀状に残っています)



「ぼくはいい人とわるい人がわかるんよ。
 だって、いい人ばかり見てきたからわかるんよ。」







・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
1日1回、ポチッと押していただけると嬉しいです♪

いつもありがとうございます




07:27  |  先達の教え  |  トラックバック(0)  |  コメント(2)  |  編集  |  Top↑
 | BLOGTOP |  NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。